現代ののぼりに見るバラエティ

現代ののぼりは、さまざまなものがあります。

のぼりというと、化学繊維でヒラヒラと風を受けて大売出しなどの目印になっているものを思い浮かべますが、神社などでも常時のぼりの需要があります。

神社などで使用するのぼりは、厚手の綿の生地を使っています。

綾織などの目の詰まった生地で、重量もあります。

そんな丈夫なコットンを、染色していくのが神社ののぼりのスタイルでしょう。

重厚な雰囲気が出ます。

のぼり旗の上と左右どちらかに、乳といわれるリボン状のものがつき、そこに竿を通して立てます。

乳はチギレと言われる地方もあります。

一般的には左側に乳がつくことが多いものです。

店頭で使う広告ののぼりは、プリントすることで、さまざまな図案のものを作れます。

写真を使うこともできれば、江戸文字などを使って、のぼり全体に文字を書くこともできます。

江戸文字は歌舞伎や寄席の看板に使われた独特のフォントで空席がないようにと面積一杯に文字を書くのが特徴です。

竿はポールと呼ばれ、長さも色もさまざま。

土台は注水台などと呼ばれ、ポリタンクに水を入れた形式の土台を使うことも多いといいます。

現代ののぼりは、組み合わせ次第でさまざまなものを選んで、広告効果をアップさせることができます。

のぼりと土台、伝統の名前

神社のおまつりで巨大なのぼりを立てる際に細心の注意をはらうのは、なんといっても土台。

縄の締め方ひとつでも、古くから伝わる方法を守るよう、地元では安全に気を使います。

広告用ののぼりも、土台選びは大切です。

コンクリートなどで重い土台を使ったり、水を給水するタンク式のものを使ったりしています。

水を入れすぎると気温によっては膨張して、転倒の原因になったり、土台探しは苦労します。

こいのぼりのような土台を用意するには、毎日片づけないといけない店舗ではムリですし、屋内用にはそれなりに安定感がありながら、軽量なものが求められるでしょう。

節句のぼりの土台には、コハダという名前がついています。

コハダは関東では、シンコ、コハダと成長すると名前が変わります。

コハダはコノシロという名前の魚で、子の代とも書かれます。

かつては生まれた赤ちゃんが健康に育つようにと、コノシロを土に埋めるという風習がありました。

節句のぼりは端午の節句に男子が生まれた家で盛んに行われたおまつりです。

出世魚の名前が土台部分に残っているということになります。

のぼりを見るときは、土台にもちょっと注目してみると、おもしろいかもしれません。

のぼり、幟、旛などの広がり

のぼりは旗、旛、幡などと同様に、仏教や神道といった、祈りの場で使われる旗でもあります。

五穀豊穣、無病息災といった願い事には、高く天まで届くようなのぼりをたてたり、人が自らもって奉納したりすることで、願いをかなえようした風習が残っています。

旛は、サンスクリット語のパターカという言葉からきた言葉とも言われ、立てることで福徳を得るという考え方もあったといいます。

日本書紀には、新羅から伝わったとされています。

のぼりは節句のぼりのこいのぼりなどでも知られるように、おまつりを象徴するものでもあります。

江戸時代は祭りのたびに、江戸はのぼりでいっぱいになったといいます。

浮世絵などにもたくさん江戸ののぼりの景色が残されています。

今でも神社の祭りにはのぼりや旛をテーマにしたものが、各地に残っています。

開運成就や合格祈願、商売繁盛などでのぼり幡を神社に奉献します。

一方街中でさかんに見かけるのぼりは、広告宣伝効果をねらって立てる看板のような役割をしています。

イベントの際には目印にも使われています。

のぼりは旗、旛、幡などと同様に、仏教や神道といった、祈りの場で使われる旗でもあります。

五穀豊穣、無病息災といった願い事には、高く天まで届くようなのぼりをたてたり、人が自らもって奉納したりすることで、願いをかなえようした風習が残っています。

旛は、サンスクリット語のパターカという言葉からきた言葉とも言われ、立てることで福徳を得るという考え方もあったといいます。

日本書紀には、新羅から伝わったとされています。

のぼりは節句のぼりのこいのぼりなどでも知られるように、おまつりを象徴するものでもあります。

江戸時代は祭りのたびに、江戸はのぼりでいっぱいになったといいます。

浮世絵などにもたくさん江戸ののぼりの景色が残されています。

今でも神社の祭りにはのぼりや旛をテーマにしたものが、各地に残っています。

開運成就や合格祈願、商売繁盛などでのぼり幡を神社に奉献します。

一方街中でさかんに見かけるのぼりは、広告宣伝効果をねらって立てる看板のような役割をしています。

イベントの際には目印にも使われています。

なじみの深い伝統的なのぼりですが、中古車、ラーメン、交通安全などと書かれた現代ののぼりにも、おまつりのワクワク感が盛り上がって楽しいものです。

おすすめリンク!:「のぼり」が出来上がりました!

節句に江戸を彩ったのぼり旗

室町時代の武家は、端午の節句の時期に家紋を染めたのぼり旗を、外に飾る風習がありました。

武家ののぼりは、家紋を染めた渋い柄のものが多く、一方庶民ののぼりは、金太郎などが描かれた、子どもの健康や出世を願う絵柄が華やかだったといいます。

江戸の町はのぼりで色とりどりに飾られ、商人や裕福な家では木綿などの素材で一般庶民は紙に描いたのぼりで、節句のお祝いをしました。

鯉のぼりの鯉や鍾馗の絵柄が節句のぼりに多いのは、同様の意味で、鯉は滝登りで龍になる、鍾馗は魔除けや学業成就などの願いが込められているといいます。

外にのぼりを立てたのは梅雨時期の虫干しだったという説もあります。

奥の座敷に兜や鎧を出していたのも、そのためだといいます。

武士の習慣は庶民に真似られ、たくさんの節句のぼりでおまつりがにぎわったといいます。

江戸時代ののぼりは手描きで、染物職人や画家などが描いた豪華なものもあったといいます。

木綿が貴重品だったため、紙に描かれることも多く、一般庶民は自作したり浮世絵師が木版画を組み立てる絵のぼりを出版したりしていました。

同時に武家では絹製ののぼりなど、贅を尽くしたのぼりを作らせていました。

室内用の小型のぼりなどは、収集家が集めたり、掛軸になったりして、現存するものも多くあります。