節句に江戸を彩ったのぼり旗

のぼりの歴史とその由来

鯉、金太郎、鍾馗などののぼりの絵柄と込められた祈り

節句に江戸を彩ったのぼり旗

室町時代の武家は、端午の節句の時期に家紋を染めたのぼり旗を、外に飾る風習がありました。

武家ののぼりは、家紋を染めた渋い柄のものが多く、一方庶民ののぼりは、金太郎などが描かれた、子どもの健康や出世を願う絵柄が華やかだったといいます。

江戸の町はのぼりで色とりどりに飾られ、商人や裕福な家では木綿などの素材で一般庶民は紙に描いたのぼりで、節句のお祝いをしました。

鯉のぼりの鯉や鍾馗の絵柄が節句のぼりに多いのは、同様の意味で、鯉は滝登りで龍になる、鍾馗は魔除けや学業成就などの願いが込められているといいます。

外にのぼりを立てたのは梅雨時期の虫干しだったという説もあります。

奥の座敷に兜や鎧を出していたのも、そのためだといいます。

武士の習慣は庶民に真似られ、たくさんの節句のぼりでおまつりがにぎわったといいます。

江戸時代ののぼりは手描きで、染物職人や画家などが描いた豪華なものもあったといいます。

木綿が貴重品だったため、紙に描かれることも多く、一般庶民は自作したり浮世絵師が木版画を組み立てる絵のぼりを出版したりしていました。

同時に武家では絹製ののぼりなど、贅を尽くしたのぼりを作らせていました。

室内用の小型のぼりなどは、収集家が集めたり、掛軸になったりして、現存するものも多くあります。

Copyright (C) www.constructiona-z.com. All Rights Reserved.

のぼりの歴史とその由来