のぼり、幟、旛などの広がり

のぼりの歴史とその由来

幡祭り、幟祭り、のぼり幡の奉献など、神事にも使われている

のぼり、幟、旛などの広がり

のぼりは旗、旛、幡などと同様に、仏教や神道といった、祈りの場で使われる旗でもあります。

五穀豊穣、無病息災といった願い事には、高く天まで届くようなのぼりをたてたり、人が自らもって奉納したりすることで、願いをかなえようした風習が残っています。

旛は、サンスクリット語のパターカという言葉からきた言葉とも言われ、立てることで福徳を得るという考え方もあったといいます。

日本書紀には、新羅から伝わったとされています。

のぼりは節句のぼりのこいのぼりなどでも知られるように、おまつりを象徴するものでもあります。

江戸時代は祭りのたびに、江戸はのぼりでいっぱいになったといいます。

浮世絵などにもたくさん江戸ののぼりの景色が残されています。

今でも神社の祭りにはのぼりや旛をテーマにしたものが、各地に残っています。

開運成就や合格祈願、商売繁盛などでのぼり幡を神社に奉献します。

一方街中でさかんに見かけるのぼりは、広告宣伝効果をねらって立てる看板のような役割をしています。

イベントの際には目印にも使われています。

なじみの深い伝統的なのぼりですが、中古車、ラーメン、交通安全などと書かれた現代ののぼりにも、おまつりのワクワク感が盛り上がって楽しいものです。

Copyright (C) www.constructiona-z.com. All Rights Reserved.

のぼりの歴史とその由来