現代ののぼりに見るバラエティ

のぼりの歴史とその由来

販促ツールとしての現代ののぼり、さまざまなものが選べる

現代ののぼりに見るバラエティ

現代ののぼりは、さまざまなものがあります。

のぼりというと、化学繊維でヒラヒラと風を受けて大売出しなどの目印になっているものを思い浮かべますが、神社などでも常時のぼりの需要があります。

神社などで使用するのぼりは、厚手の綿の生地を使っています。

綾織などの目の詰まった生地で、重量もあります。

そんな丈夫なコットンを、染色していくのが神社ののぼりのスタイルでしょう。

重厚な雰囲気が出ます。

のぼり旗の上と左右どちらかに、乳といわれるリボン状のものがつき、そこに竿を通して立てます。

乳はチギレと言われる地方もあります。

一般的には左側に乳がつくことが多いものです。

店頭で使う広告ののぼりは、プリントすることで、さまざまな図案のものを作れます。

写真を使うこともできれば、江戸文字などを使って、のぼり全体に文字を書くこともできます。

江戸文字は歌舞伎や寄席の看板に使われた独特のフォントで空席がないようにと面積一杯に文字を書くのが特徴です。

竿はポールと呼ばれ、長さも色もさまざま。

土台は注水台などと呼ばれ、ポリタンクに水を入れた形式の土台を使うことも多いといいます。

現代ののぼりは、組み合わせ次第でさまざまなものを選んで、広告効果をアップさせることができます。

Copyright (C) www.constructiona-z.com. All Rights Reserved.

のぼりの歴史とその由来